So-net無料ブログ作成

クレオパトラの妹 [l'histoires de femmes]

CaesargivingCleopatratheThroneofEgyptPietrodeCortone_R.jpg



歴史上名高いのはクレオパトラの中でもクレオパトラ7世。

弟プトレマイオス13世とエジプトを共同統治するも、
王位争いに敗れ、アレクサンドリアに追われてしまいました。

しかし彼女はカエサルという最強の味方を得ました。
ちょうどアレクサンドリアに来ていた彼と同盟を結んだのです。

飛ぶ鳥落とす勢いのローマの将軍はプトレマイオス13世に姉との共同統治に戻すように提案しました。
でも彼は拒否したので、戦争に発展したのです。



クレオパトラのお話は → こちら



じつは、クレオパトラ7世にはこの弟王のほかにも、ベレニケ4世という姉(父王との王位争いで処刑されました)とアルシノエ4世という妹がいました。
妹アルシノエは弟側につきました。



ナイルの戦いにおいて、プトレマイオスは戦死します。
包囲されたアルシノエはとらえられ、市中引き回しの上、トルコのエフェソスに幽閉されてしまいました。


のちにひそかにクレオパトラによって暗殺されたと言われますが、詳細は不明です。
近年、彼女の骨がエフェソスで発見されたそうですが、骨の年齢が14~18歳くらいだそうなので、そうすると彼女の実年齢的に(=さまざまな状況から予測される年齢から)10歳くらいのずれが生じるそうなので、まだ確定ではないようです。



異母姉妹ながら、女同士の嫉妬はたぶん憎しみにまで発展してたのかもしれないですね。
アルシノエがクレオパトラではなく弟側についたのは、姉の脅威を感じ取っていて、姉につけば自分は頂点に立てないことを、本能的に悟っていたからなのかもしれません。



クレオパトラにしても、翻弄できない存在である妹は脅威だったかも?


17世紀の建築家で画家だったピエトロ・ダ・コルトーナの描いた絵は、姉妹の互いへの憎悪が見えるような気がします。


クレオパトラを王位につけようとするカエサル。二人は勝利に酔いしれています。向かって右端に立ち、輝かしい表情の姉に恨めしげな視線を送るのがアルシノエ。


エジプトは、私のものになるはずだったのに・・・


アルシノエの敗因は、王位につくためならどんな手段も問わなかったクレオパトラほど、権力への執着が凄まじくなかったところにあったのかもしれないですね。


あなたには、無理なのよ。あたしだからできたことなの。


そう言いたげに、妹にわが勝利を見せつけているクレオパトラ。




骨肉の争い、姉の勝利の瞬間。







*******************************






なんか、ずいぶんとご無沙汰してしまっております~;;;;



忙しい2月もやっと終わりました^^
またぼちぼちお邪魔させていただきますね。



えと、



いつも自分の誕生日のころは旅に出かけるのがもうずいぶん前からの恒例行事だったのですが、今回は出かけないことにしました。

それで、ほんとにほんとに、5月末に8日間、パリに行くことにしました。
5月ならばジヴェルニーにも行けるし、いつも極寒にしかヨーロッパに行ったことがなかったので、初の!良い季節体験です!


直行便が取れたし、なんと、あこがれのベルエポックスタイルの古いホテルも予約が取れちゃったので!!

今回の旅のパートナーは、叔母です。

なんと叔母は海外初デビュー(笑)




彼女も私と同じ方向音痴なので、迷子は必須でしょうが、のんびりお散歩を楽しみにしています。


初海外がパリって・・・いいですね(笑)


私は4度目くらいかな?


それまでフランス語を頑張ろうと思っています。




週に1.2回のアップが続くとおもいます。
今日からぼちぼち、伺い始めますね~^^
coucou♪(・ω・)ノ!(281)  ご自由に(21)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

coucou♪(・ω・)ノ 281

ご自由に21

yoriko

クレオパトラのお話さかのぼって拝見しました、何百年たってもクレオパトラの伝説は興味深いです。
もしかしたらクレオパトラは十代で亡くなった可能性もあるんですね。
パリ良いですね海外初デビューのおばさまは海外慣れした姪御さんと一緒で心強いでしょう。
とっても羨ましい〜♡☆
by yoriko (2015-03-10 10:45) 

風太郎

風太郎ももう一度パリに行きたい。
街並みがなんとなくすきなんです。
by 風太郎 (2015-03-10 11:08) 

かずのこ

5月のパリ、いい季節ですね^^
by かずのこ (2015-03-10 12:30) 

hanamura

クレオパトラのお話にも変なコメントしていました。
5月のジヴェルニー☆ステキでしょうねぇ~。いいなぁ。
浜名湖花博「モネの庭」で知りました。行ってませんがぁ・・・。
by hanamura (2015-03-10 12:41) 

TERU

いつも思うのですが、nikiさんの優しい感じの女子力と、お転婆さん
ぽくも思える一面がとてもうまく混ざり合っていると思います。
うちの奥さんも同じなんですが、決して『ツンデレ』ではありません(笑)

甘ったるいだけの女子力ではいまいち魅力に欠けますからね(^^)ハイ

by TERU (2015-03-10 12:45) 

kazumin

お誕生日おめでとうございますo(^-^)o
ヨーロッパ旅行素敵ですね♪
5月が待ち遠しいですね(^-^)
by kazumin (2015-03-10 13:02) 

shiho

nikiさん
お誕生日おめでとうございます。
素敵な1年にしてくださいね。
by shiho (2015-03-10 13:14) 

斗夢

上の文章を読んでいたら、何とかいう家具屋の勢力争いが
思い出されました。


by 斗夢 (2015-03-10 13:56) 

ニッキー

5月のパリ、季節的にも最高ですね(^O^)
思いっきり楽しんできてくださいね(^-^)
by ニッキー (2015-03-10 17:36) 

銀狼

お誕生日おめでとうございます!^^☆☆☆
by 銀狼 (2015-03-10 19:45) 

mamarin

クレオパトラの妹の墓(?)らしきものをテレビで観た事があります。

歴史の摩訶不思議さですね。

クレオパトラ7世はあんなに有名なのに。

フランスに出かけるんですね。素敵ですね。恙無く旅行を楽しんできてくださいね。

by mamarin (2015-03-10 22:29) 

sadafusa

こんにちは~。

この間、名前の本を読んで初めて知ったのですが、
このクレオパトラとトロイに出て来る、アキレウスのいとこの
パトリクロスは クレオとの部分とパトラの部分を入れ替えただけの
名前で
意味は「父の誉れ」なんだそうです!
びっくりいたしましたデス。ハイ。

パリに行けるのはいいな~。私も一緒に行きたいですね~。
ジヴェルニーにも行きたい!
シャルトルにもランスにも行きたいです。
by sadafusa (2015-03-10 22:30) 

あゆさこ

nikiさん、お誕生日、おめでとうございます!(*^_^*)
by あゆさこ (2015-03-10 23:05) 

mitu

お誕生日おめでとうございます♪
パリのお花屋さんめぐりと、モネの庭にも行ってみたいです(^_^)
by mitu (2015-03-11 11:16) 

ciel-bleu-fonce

現地でフランス語、磨いてきてくださいね*\(^o^)/*
by ciel-bleu-fonce (2015-03-11 13:07) 

macky

5月のパリ旅行楽しみですね~^^
パリジェンヌになりきって優雅にお散歩されるnikiさんを想像しています(^^♪
by macky (2015-03-11 21:32) 

Hirosuke

僕も、もうすぐ誕生日ですぅ♪

by Hirosuke (2015-03-12 13:19) 

ぷち

うちは歴史が不得意ですが、カエサルは好きです。
フランスいいですね!!
うちはヨーロッパ方面に行ったことがないです。。。
by ぷち (2015-03-14 22:35) 

くーぺ

☀ボンジュール マドモアゼル☀
パリ旅行、いいですね~◎
マダムと一緒に楽しんでくださいね。

by くーぺ (2015-03-15 01:31) 

Ujiki.oO

niki さん、こんにちは。 記事は愉しく拝見させて戴いております。 ありがとうございます。 初めての海外と言う近い関係の方との海外旅行が、数々の失敗をも後からお二人の楽しいだけの思い出にかわりますことを信じております。 ご返事が遅々としております無礼を失礼しております。 これからも宜しくお願い致します。

http://sample2014.blog.so-net.ne.jp/RyukyuKingdom#comm201501051039
by Ujiki.oO (2015-03-18 15:33) 

SIBA-dog

クレオパトラに妹がいたなんて知りませんでした。(/-\)はずかしぃ
パリ旅行楽しんでくださいね。"^_^"

by SIBA-dog (2015-03-18 23:00) 

ご自由にを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
a.HesiodListening to the Inspiration of the Muse.Edmond Aman-Jean.small.jpg

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。