So-net無料ブログ作成

私たちのよき王妃 [l'histoires de femmes]

MariaLeszczynska03_R.jpg

ルイ15世妃でルイ16世のおばあちゃんであるマリ=カトリーヌ・レグザンスカ。


1703年にポーランドに生まれ、ポーランド名はマリア・レシチニスカ。
彼女が1歳の時に父がポーランド王となりました。
スウェーデンのカール12世がお飾りに据えたポーランドの王座は、カール12世がロシアに敗戦すると実にあっけなく奪い取られました。

そのおかげで一家はアルザス地方で亡命生活。

一方、フランスでは1710年、ルイ15世が誕生しました。
しかし2歳で母と死別。太陽王ルイ14世のひ孫ですが、幼いころは臆病で内気で優柔不断だったと言われています。

それでも王位継承権を持つ男子がことごとく病気や事故で亡くなったので、わずか5歳でフランス王となったのです。

louis15.jpg


11歳の時に3歳のいとこ・スペイン王女と婚約しますが、相手が幼すぎて婚約破棄。
そこで白羽の矢が立ったのがマリ・レグサンスカ。
15歳の王と22歳の王位を追われた王の姫君との結婚は多少国民に失望を与えましたが、進められました。

じつは彼女は花嫁候補のリストには入っていたものの、候補を絞るときには除外されたそうです。
でも出産適齢期であったこと、健康で性格が穏やかであったこと、貞淑であったことが優先されたようですね。

少年王は年上王妃に一目ぼれしたそうですが・・・

なんと少年王、結婚を機に? わずか15歳で女遊びデビューです。
次々と目につく女性を愛人にしていきます。

Louis15-1_R.jpg


のちに「鹿の苑」で有名なポンバドゥール夫人やデュバリ夫人のさることながら、ド・マイイ=ネールの4姉妹全員とか、貴族の娘も名もなき庶民の娘も、数えきれないほどの女性を、です。

もしかしたら彼には3ケタくらい私生児がいたかもしれません。

王妃はそんな間にも次々と妊娠し、12年間で10人の子を産み、期待されたとおり「お役目」を果たしました。
ドクターストップがかかって、子を産むのを終りにしたようです。
彼女は夫が寝室へ入ってくるのを拒むようになりました。


いやはや。

歴代の愛人たちの中には傲慢で王妃とは合わない人が多かったようですが、ポンパドゥール夫人は王妃を敬愛し、良好な関係を保ったそうです。夫人は頭が良く抜け目がないので、王妃とは仲良くしておくのが得策と思ったのかもしれませんね。

marialeszczynska1.jpg


父がお飾りのポーランド王であっけなく王位を失ったことから、最初フランス国民は彼女のことを卑しい生まれとさげすむこともありましたが、文化芸術振興を熱心に行い、慈善活動にも力を注いだ彼女に次第に好感を抱き、彼女が65歳で亡くなった時には、「私たちのよき王妃」とたたえられました。

野心を抱かず、20年間のんびりとヴェルサイユで暮らしたことが、政治的な問題に巻き込まれずに穏やかに暮らせた理由なのでしょうか。

MarieLeszczyńskreinedeFrance_R.jpg


王妃といえば波乱万丈、悪女も多いようですが、彼女は「平凡な王妃」ともいわれたように、地味と言えば地味、平和といえば平和な一生を送りました。





****************************




ちなみに、自身も王になったり廃位させられたりと、奇異な人生を送った王妃のお父さん。
娘が王妃になってからはロレーヌ公となりました。

婿・フランス国王の心を娘につなぎとめるために、いろいろなお菓子を考案して宮廷に送り込んだと言われています。

あ~、あれ?というような有名なお菓子をいくつか世に送り出したようですよ。

coucou♪(・ω・)ノ!(293)  ご自由に(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

coucou♪(・ω・)ノ 293

ご自由に3

タッチおじさん

いつも古代からの人間模様大変興味深く勉強になリます。
by タッチおじさん (2015-02-21 20:57) 

なっぺ

遅くなりましたがお祝いコメントありがとうございました(*^^*)
こちらですいません。
by なっぺ (2015-03-02 09:22) 

moritake

おはようございます。波瀾万丈でなくて、安定しているところが好きです。ブラーヴォ!国王はすごく元気で、光源氏みたいですね。でも、昔はこれが常識だったのでしょうか?場所と時代、場所の影響より、時代の影響の方が強いように感じますが、変われば変わるものですね。最後はお菓子の話題で、ちょっとスッキリって感じでした。
by moritake (2015-03-08 07:40) 

ご自由にを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
a.HesiodListening to the Inspiration of the Muse.Edmond Aman-Jean.small.jpg

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。