So-net無料ブログ作成

The Garden of Earthly Delight①  ~エデンの園~ [Paintings]

boschTheGardenofEarthlyDelight.whole.jpg



私が今までに目にした絵画の中でも、最も印象に残る絵のベスト10に間違いなく入る絵。

それはこれ、ヒエロニムス・ボスの『快楽の園』。
彼はダヴィンチとほぼ同時代の画家ですが、15世紀の人にしてこの発想、ぶっとびの才能です。

第一印象は、「・・・なんじゃこりゃ?」なのですが、見れば見るほど楽しくなってしまいます。
観音開きの三枚一組の絵ですが、扉を閉じてある状態では混沌とした天地創造の世界がまぁるく地味に描かれていますが、ひとたび開けば、奇想天外摩訶不思議な世界が広がります。


boschTheGardenofEarthlyDelight.shutter.jpg



こんな宗教画は唯一無二。


まずは向かって左側の世界について見て行きましょうね。


bosch_paradise.jpg



ここはエデンの園。

真ん中のピンクの塔は「生命の樹」。
それは「生命の泉」の中に立っています。

右て後ろには黄色い塔。
らせんを描くありんこのような点々はトリのようです。
左手奥には岩山。

フィールドには架空の、あるいはリアルの、あるいはリアルの何かと何かのキメラ体のような動物たちがたくさんいます。生命の樹の左手にはゾウ、水を飲む馬たち。
右手にはキリンと、獲物を襲うライオン。

必ずしも平穏ではない、捕食者と被捕食者がいます。
画面ちゅう間の右手には岩がありますが、なんとなく人の横顔にも見えます。
トロンプルイユなのかな?

そして画面手前。
真ん中のピンクの衣の人は創造主です。
深い眠りから覚めたばかりの向かって左手に座っているアダムに、イヴの手首を取って彼女を紹介しているところです。

アダムの背後の木はドラゴンツリーだそうで、永遠の命の象徴。
あ、木の根元近くにはなにか小動物をとらえたにゃんこがいます。
アダムの下の白黒の鳥はかさあぎで、曖昧さを表します。
アダムは神様の言葉なんて聞いちゃいません。
目の前の美しい「女」、イヴをガン見しています。

イヴは創造主に手首をつかまれながら、ガン見してくるアダムの視線を避けています。
恥じらうような視線のそらし方ですが、一方で自分の美しさに自信があって、自分のことをアダムにガン見させるがままにしているのですって。

イヴの後ろにはウサギちゃん。繁殖の象徴ですって。



ここで一つのポイントは、生命の樹=創造主
                ゾウ=アダム
                キリン=イヴ

と対照することだそうです。
キリンは首が長いでしょう? 高慢を意味していて、ゾウは鼻が長い、鼻の下を伸ばしているアダムってことでしょうか(笑)? ちなみに、キインのわきにいるのはたぶんカンガルー。

画面右下には深い穴? 真っ黒い淵があって、これまた奇天烈なトリやアザラシもどきがいます。

全体的には大航海時代が始まってアフリカやら大西洋の島々やらの存在が知れ渡ってきたころなので、ボスが人づてに聞いたり本を読んだりしてエキゾティックな動物たちを描いたのでしょう。

エデンの園とはいっても、なにやら間もなく「初めての罪」がおきますよ・・・と言っているかのようなハラハラドキドキの雰囲気です。

当時のヨーロッパの人々は、水平線の向こう側は絶壁で、そこまで行ったら滝つぼのようなところにまっさかさまに落ちる~と本気で信じていたようですね。

まさに宗教観が科学の発展を悪魔の仕業として遅らせていた時代だったので・・・

もしやこれは、


そういう当時の社会に対する・・・皮肉?


・・・なぁんて、思ったりして。


次は真ん中の絵に続きます。

coucou♪(・ω・)ノ!(235)  ご自由に(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

coucou♪(・ω・)ノ 235

ご自由に6

くま・てーとく

これ、プラド美術館で見ました~
凄い絵ですよね。
こういう風刺の感覚ってヨーロッパ独特。
by くま・てーとく (2015-01-10 15:03) 

hanamura

鈴木春信に似た(?)スレンダーな女性像(これは私の趣味(?))
クトゥルフ神話のモチーフ(?)のような数々のキャラクター
はい!私もベスト10!・・・洋画で!です!です!
by hanamura (2015-01-10 15:23) 

sig

観れば見るほど奇想天外と言うか、奇妙奇天烈な絵ですね。nikiさんの解説が楽しいです。
いつもながらコメントがなかなか入りません。
by sig (2015-01-10 20:27) 

raffles

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
nikiさん 今年もどうぞよろしくお願い致します!
by raffles (2015-01-10 21:04) 

あゆさこ

説明していただくと、なるほど~。
実に、興味をそそられますね。(^_-)-☆
by あゆさこ (2015-01-11 21:29) 

美美

体調を崩していて今頃の復帰ですが
今年もどうぞよろしくお願い致します(^^)/
by 美美 (2015-01-13 19:50) 

ご自由にを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
a.HesiodListening to the Inspiration of the Muse.Edmond Aman-Jean.small.jpg

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。