So-net無料ブログ作成

密通 [Paintings]

a.botti.vandm.jpg


ヘラがゼウスの浮気性に頭に来て、独りで生み出したのがヘパイストス。
母親のヘラでさえ、ヘパイストスのあまりの醜さに彼を放り投げてしまったとか。

でもヘパイストスはアキレウスの母である海の精霊に拾われて、無事に成長します。
成長した彼は神の世界に招かれて、鍛冶の神となりました。

相変わらず容姿は醜いままでしたが、世界一美しい女神を妻にします。
アフロディテです。

でもアフロディテは戦争の神アレスを愛人にして、密通を重ね続けます。
アレスは戦いとそこに流される血をこの上なく好む軍神で、容姿が美しい青年でした。

密通、とはいっても、知らぬはヘパイストスのみ。
だれだってアフロディテの浮気のことは知っていました。

気の毒に思った太陽が、そっとヘパイストスにその真実を耳打ちします。
激怒した彼は浮気現場を抑えて、他の神々とともに二人に恥をかかせようとします。
結果はみごと彼の思惑通り、でもかえって神々は、「アフロディテと愛し合えるなら、こんな目に
遭うくらい、どうでもないさ」と言い合います。

密通がばれても二人の仲は続くのです。
不義の子を三人も生んでしまったくらいです。

この絵はボッティチェッリが描いたアフロディテとアレスです。
情事のあとに、アレスはしばしのまどろみの中。

彼の脱ぎ捨てられた武器や甲冑は、半神半獣のサティロスたちの遊び道具となっています。

これはある富豪の婚礼道具に描かれたものだそうです。
確かにベストカップルですが・・・不倫カップルが婚礼祝いって・・・・;;;;
それに、ヘパイストスの立場がないですねww

coucou♪(・ω・)ノ!(233)  ご自由に(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

coucou♪(・ω・)ノ 233

ご自由に19

風太郎

オレ様の結婚式に社長は愛人を伴い、別の部屋で待たせていたのを思い出しました。いや~な感じ。それから5年後オレ様は社長と決別しました。
by 風太郎 (2013-04-20 14:40) 

くーぺ

こんにちは◎ご無沙汰しておりますが、お元気でしょうか??
もっと早くご訪問するべきでした(~~)これからもよろしくお願い致します。
今も昔も男女の関係は意味深ですねぇ・・・やはり文化ですね。

by くーぺ (2013-04-20 15:23) 

トータン

お帰りなさい! もう大丈夫になりましたか? お戻りに成られたの知りませんでした ゴメンナサイ!
by トータン (2013-04-20 15:25) 

まあ

神様もいろんな神様がいるのですね。
婚礼道具に描いたボッティチェッリは、何を伝えようとしたのでしょうか。
by まあ (2013-04-20 16:06) 

めい

お帰りなさい
また伺わせて頂きます♬
私も今インプラントの治療中です
口の中のトラブルがこれほど辛いものだと
知りませんでした
この際私も口の中ぜーんぶ治そうと思っています^^;
by めい (2013-04-20 17:07) 

リキマルコ

復活されてたのですね~よかった~(//∇//)
また楽しみにしております♪
by リキマルコ (2013-04-20 22:15) 

Hirosuke

アフロディテと愛し合ったなら、そりゃ男は爆睡しちゃいますよ。

でも、なんでアフロディテは平然とした顔してるんでしょう?

女は強し?

by Hirosuke (2013-04-20 22:38) 

さうざんバー

お久しぶりです(^^)vご訪問ありがとうございました(^^)v
不倫現場とは思えないほど、けだるい雰囲気で、説明が無かったら、綺麗な絵!で終わってました(^^;)背景が分かると、見方が変わって、面白いですね(^^)v
by さうざんバー (2013-04-21 00:12) 

hanamura

♪ くるくる危ない土曜日~(キャンディーズ)・・・がぁ・・・BGMです。
着衣の女神と、だらしなく寝る男が、きれいな裸体なのが、不思議です。
by hanamura (2013-04-21 03:24) 

PATA

お帰りなさい!
復活第1弾でしょうか。
神様の世界って凡人にはよく分かりません^^;
by PATA (2013-04-22 00:10) 

kazu-kun2626

お久しぶりです~
元気そうでなによりです(*^◯^*)
by kazu-kun2626 (2013-04-22 20:18) 

sora

確かに、結婚祝いとは。。。^^;

また楽しみにしております。^^
by sora (2013-04-23 18:36) 

九子

nikiさん、こんばんわ。( ^-^) ゆっくりとね。

>気の毒に思った太陽が、そっとヘパイストスにその真実を耳打ちします。
これって、一番やっちゃいけないことでは?(^^;;


by 九子 (2013-04-24 22:47) 

ナツパパ

お節介に知らせなけりゃ、みんなシアワセだったのに。
...知ったがゆえの不幸...といって良いのでしょうか。
そういえば、一盗二婢...って言葉が、我が国にもあったなあ。
by ナツパパ (2013-04-25 16:46) 

mu-ran

男女の不条理…太陽の野次馬根性。知らぬは彼ばかりと云いながら、その実知らぬが良かった訳です。不条理の奥に、愛や優しさが感じられないのは何故でしょうか。
by mu-ran (2013-04-26 04:05) 

secretariat

お久しぶりです。
昔の人々の感性って凄いですよね。
「神仏化する」って言いますが、かなり人間臭いですよね^ ^
by secretariat (2013-05-06 07:14) 

タッチおじさん

何時も沢山の事を学ばせて頂き、楽しみにしております。
何時の時代も男女関係わ色々あって、面白くもあり、怖くもあり
興味がわきます。これからも宜しく(^_-)!です。

by タッチおじさん (2013-05-16 00:24) 

hatumi30331

復活ですか? 良かったです〜♪^^
また楽しみにしてますね〜♪^^

by hatumi30331 (2013-05-16 16:53) 

kazu-kun2626

お久しぶりです~(*^◯^*)
by kazu-kun2626 (2013-05-16 21:28) 

ご自由にを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
a.HesiodListening to the Inspiration of the Muse.Edmond Aman-Jean.small.jpg

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。