So-net無料ブログ作成

『晩秋』  ~Late Autumn~ [Movies 2 C]

a.latea.cover.jpg


この映画は、主人公が中国女優と韓国俳優ですが、舞台はアメリカのシアトル、そして
セリフは全編が英語です。

1966年、1981年と2度映画化されたものを、2010年に三度目のリメイクをされた作品です。
前作までは韓国が舞台でしたが、この2010年版は国際版に仕上げられました。

a.latea2.jpg


『晩秋』ながら、1月の初めに撮影が開始されたとか。
これが真冬の極寒に見えないのは、役者の力量でしょうか。

a.latea4.jpg


中国系アメリカ人の囚人のアンナは、母の死の知らせを受け取ります。
模範囚だった彼女は3日間の外出許可をもらいましたが、追跡装置と携帯電話は常に身につけて
おくようにと言い聞かせられます。

a.latea3.jpg


7年前、彼女は幼馴染の男性と駆け落ちしようとしていたことが、普段から彼女に暴力をふるっていた
夫にばれて、ひどい暴行を受けました。

そしてはずみで夫を殺してしまったのです。

刑務所からシアトルまでの長距離バスに乗り込むと、同じバスに駆け込んできたアジア系の男が。
彼は何かから逃亡しているようでした。

お金を持っていなかったため、同じアジア系のアンナをみつけ、ずうずうしくも借金を申し込みます。

30ドルを貸すと、返すまでの担保だと、強引に腕時計を預けてくるのです。

この男は韓国人のエスコートサービス。
アメリカの韓国系の女性たちから稼いでいたのです。
実はクライアントの女性の夫に追われ、逃げるためにバスに飛び乗ったのです。

a.latea6.jpg


彼は電話番号を彼女に渡しますが、彼女はその紙切れを捨ててしまいます。

久しぶりの自由。家族との再会、ショッピングにおしゃれ、そして殺人の元凶となった幼馴染との
再会・・・・

しかし刑務所からの確認の電話が彼女を現実へ引き戻すのです。

そんなとき、彼女は街の中でバスの中の男に再会します。

”Do you want me? ”

それぞれの事情や状況は違っても、刹那的に生きている二人の人間の人生が、ここで出会います。
でも二人は、ただ街の中を一緒に歩くのです。

a.latea7.jpg


シアトルの街は寒々しくて無機質です。
閉園中の遊園地のゴーカートのそばで口論する白人のカップルの会話を想像して演じる二人。
彼女は自分の身の上を、淡々と、他人事のように彼に話します。

a.latea8.jpg


このストーリーには、なんの未来も将来性もないのです。
ただもう、その一瞬を描いているようです。

長い人生、思い通りに生きられないことが実際には現実です。
アンナが母親の遺体に語りかけるシーンは印象的です。

お互いの事情を知ったうえで、ふたりはアンナが刑期を終えた時に再会を誓います。
でも彼は、追っ手に捕まってしまうのです。

a.latea9.jpg


最後のキスシーンも印象的です。
長いキスには、生きることの難しさ、生への執着が現れているようです。
人生は長いようで、逆に言えばほんの束の間です。

a.latea10.jpg


どう生きるかによって、喜びの多い人生になるのか、苦しみの多い人生になるのかが徐々に
見えてきます。

未来のない二人の、一瞬の邂逅。

a.latea11.jpg


秀作だと思います。


レイトオータム [DVD]

レイトオータム [DVD]

  • 出版社/メーカー: TCエンタテインメント
  • メディア: DVD



coucou♪(・ω・)ノ!(246)  ご自由に(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

coucou♪(・ω・)ノ 246

ご自由に3

Hirosuke

人生なんて束の間の夢に過ぎず、
一人の存在は70億分の1でしかなくて、
宇宙の星々と比べたら余りにも小さいと考えると、
どんなに道徳的に生きてみたって無意味なんじゃないかと、
そんな刹那的な享楽主義に走りたくなってしまう自分がいます。

by Hirosuke (2012-10-21 04:38) 

sadafusa

ステキなお話ですねぇ。うっとり。

わたくしもnikiさまと同じに
一瞬というか束の間の出来事でも
その人の人生を変え、そして支配してしまうような出来事って
あると思うんですね。

そういう一瞬にであうために人間って生きているのかと
思うほど、です。
by sadafusa (2012-10-21 09:42) 

ナツパパ

わたしたちはずっと遠くから来てずっと先まで行くんだ...と若い頃は
思っていましたが(...確かそういう台詞があった、どこかに)、
最近は、つい昨日から来てほんの明日まで行くに過ぎない、と実感します。
40年近く前の学生生活も、ほんの昨日のことのように思えますし。
by ナツパパ (2012-10-21 11:30) 

ご自由にを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
a.HesiodListening to the Inspiration of the Muse.Edmond Aman-Jean.small.jpg

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。