So-net無料ブログ作成

モネの『ヴェトゥイユの画家の庭』 [Paintings]

mo.vetveille.jpg


セーヌ下流の小さな村、ヴェトゥイユ。


モネが一とき住んだ家は、ゆるやかな坂の上にありました。



その頃はまだ生活が厳しくて、家族に楽をさせてあげられない毎日。


39歳の時にこの家で、


妻のカミーユが亡くなりました。


次男の産後の肥立ちが悪くて命を落としたのです




画家の家にはアリス・オシュデとその6人の子たちも住んでいて


・・・オシュデはかつてのモネのパトロンだったけれど


破産して妻子を置いて国外へ逃げてしまったのです


オシュデの妻と子供たちを、モネは引き取ったのです



この絵はカミーユの死後2年して描かれました


坂の途中の男児は、アリスの4歳の息子のジャン=ピエール。


坂を上りきったところには、アリスと、モネの二男のミシェル。


のちにアリスと再婚しますが


「モデルを入れたら出ていく」という嫉妬深いアリスと


11年も関係をうやむやにしたまま、モネは深く悩みました



合計8人の子供たちとアリスを養っていかなくては。


でも生活は苦しくて…


この絵が描かれた後、1880年代にやっと希望の光が見え始めたのです。



この夏の日の明るさは、彼のどんな気持ちを表しているのでしょう?


coucou♪(・ω・)ノ!(121)  ご自由に(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

coucou♪(・ω・)ノ 121

ご自由に2

Hirosuke

苦しいながらも幸せで。

他人の子ながらも我が子のようで。

この絵を何の事情も知らずに見たならば、幸福な家庭生活そのものです。

by Hirosuke (2012-09-10 06:08) 

sadafusa

この絵、ホンモノを見たことあります。(京都で、だけど)
他にもシスレーとか、モリゾの絵もあったけど、
このモネの絵が断然迫力があって、輝いていましたね。

やっぱモネは天才ですっ。
by sadafusa (2012-09-10 10:09) 

ご自由にを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
a.HesiodListening to the Inspiration of the Muse.Edmond Aman-Jean.small.jpg

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。