So-net無料ブログ作成
検索選択

ONE DAY [Movies 2 C]

oneday1_R.jpg



1988年、7月15日。
エディンバラ大学の卒業式で出会ったエマとデクスター。


エマはまじめなダサ子ちゃん、デクスターは軽いノリのチャミ男。
酔っぱらったハイテンションの流れのままに関係を持つかと思いきや、エマが踏み切れず、
二人は親友になることに決めたのです。

デクスターは自由奔放だから、女の子には不自由していないのです。
だから、「親友」女子がいても全くいいと思っているのです。


エマはダサ子ちゃんでも、アン・ハサウェイだから、とてもかわいいです。
ダサ子のダサ眼鏡姿もめちゃかわいいのです。
詩人を目指してロンドンへ出てくるけれど、食堂で働くばかりで芽が出ません。
デクスターはパリでイケイケ人生を謳歌しています。

毎年、7月15日に二人がどう過ごしているのかが描かれています。
1988年から、ずっと。


人生をナメているようなチャラ男のチャミ男であるデクスターは、ほんとやんちゃです。
そのうちテレビの仕事を始めて、乱痴気騒ぎやいい加減な人間関係の中にのめりこんでいきます。


どちらかが相手を欲するときにタイミングが合わなかったり、
誰もほかに邪魔者がいないのに関係が進展しなかったり、
すぐ近くにいるのに違う方向を見ていたり、
すごく遠くにいるけれど会いたくて仕方なかったり・・・

そういうことを、二人は毎年、7月15日に繰り返すのです。


そんなことが、23回も繰り返されます。

踏み込めない、どうしようかな? でもやっぱり今の心地よい関係を変えることはできない。
そんなエマの心情、うまいですね、アン・ハサウェイ。


大人になると、1年がとても短く感じます。
ついこの前大学を卒業したつもりなのに、とんでもない月日が流れていたりして・・・
でも友達に会うと、すごい久しぶりなのについこの前会っていた気がしてしまいます。


デクスターを見ていると、人間は流されつつも成長するものだなと感慨深くなります。
病気になったお母さんの彼への言葉が、本当に思って愛してくれる人の言葉だと思いました。

エマが彼を成熟した人間へと成長させるだけでなく、彼女もまた、デクスターの影響を受けて人間として成長していました。



oneday2_R.jpg





何か特別な出来事が毎年起こるわけでもなく、
二人の仲を裂くような意地悪な存在が登場するでもなく、
ただ単なるすれ違いとかちょっとした幸福とかが20年以上つづられていきます。


挫折とか、失意、絶望、不安や悲しみ、誰もが月日を経る中で感じるさまざまな残念なことが、二人を見ていると共感してしまいます。明らかに正しくはない方向に流されて大切な人たちの忠告もろくに耳に入らずに、その人たちを失望させ悲しませることも、人間の成長過程として避けられないことなのでしょう。
でも本当に愛してくれている人は、期待を裏切ってもまたそっとドアを開けておいてくれるのです。


二人の愛と友情の物語は、意外な結末を迎えます。
ただもう、呆然としてしまいます。

中年になったデクスターはそれでもまだ子供みたいに現実から逃げようとするけれど、
そんな彼へ、お父さんが言う言葉がまた心に残ります。

そして彼はやっと、彼を愛する人たちが望んだ「大人」になるのです。



時の流れは止めることができなくて、いくら仲が良くてももう住んでいる場所もわからない、
苗字も思い出せない人もたくさんいます。

後悔は誰でもするし、後悔のない人生なんてないのです。


だからこそ、この映画を観終わった後には、なにか深い静かな感動とか感慨に満たされるのだと思います。

邦題が余計なタイトルつけてあって陳腐なラブストーリーかと思いこんでしまっていたのですけれど・・・


オリジナルは”ONE DAY"。




見て良かったと思いました。





ワン・デイ 23年のラブストーリー [DVD]

ワン・デイ 23年のラブストーリー [DVD]

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • メディア: DVD



オピオンとタマゴ [Mythologyのみそ]

ophion1_R.jpg



昔々、この世はカオスという混沌状態でした。

なぁにも存在しないカオスの中に、「創造」の力がどこからともなく出現しました。
これは、オケアノスという神の娘である、女神エウリュノメであると言われています(諸説あるようです)。


彼女の夫となったのは、オピオンという蛇の姿をした神。

カオスにおいて、エウリュノメはハトに姿を変えて、大きな卵を一つ、生み落しました。
その卵の中にはありとあらゆる、この世界を形作るものたちが入っていたのです。

オピオンはその卵に巻き付いて、温めました。
蛇の神が巻き付いた女神のタマゴはやがて孵化しました。
そして「世界」が生まれたのです。


天、海、山、川、そして大地。

エウリュノメとオピオンは「世界」の誕生を見届けると、オリュンポスの山の頂上に神殿を立て、そこに鎮座しました。

そしてそこでまさかの夫婦喧嘩か勃発です。

オピオンは、自分こそが世界を作り出した神だと主張しました。
怒ったエウリュノメは、彼を冥界に追放してしまいました。


世の妻帯者である殿方たち、奥さんを怒らせてはなりません(笑)。



***************************




私が良く知る神話では、大地の女神ガイアと天の神ウラノスが夫婦となって世界を創造した、というものです。
エウリュノメとオピオンのお話しは、古い文献にちらほらとみられるものだそうです。

なぜ万物創造の女神がハトに姿を変えたのか、ハトとヘビが夫婦なのかなど、いろいろな疑問が出てきますが、卵に巻き付いて「世界」を孵化させたのがヘビというところが、なにか象徴的な感じがします。

ophion2_R.jpg



醜いからとヘラが捨ててしまったヘパイストスを育てたり、ゼウスとの間に三女神を産んだ水の女神もエウリュノメですが、この万物創造の女神とその夫オピオンが、クロノスとレア夫婦との権力争いに敗れてオリュンポスを去り、この女神は海の中に消えたという話もあるので、のちに水の女神となったのでしょうか。

Niki通信 4月版

生存報告です(笑)
なかなかアップできないのでまとめていくつかアップしますので、お暇な時にご覧ください_(._.)_





最近時間をかけていることは、


旅行に関する現地情報をひたすらチェックすることです。



おいしいお店や楽しめる場所の情報集めはなかなか大変ですが楽しいです。
もう地図が付箋や書き込みでごちゃごちゃになってきました(笑)


unnamed.jpg





世界中の人たちの口コミを見ていると、すごく役立つ情報もあれば、まあ、それはなんていうか、タイミングとか運の問題だよね~と苦笑してしまうもの、被害者意識MAXの意見などもあって、興味深いです。



でも「まずくてバカ高いだけ」、「従業員の態度が最悪」がアジア人に限らずほかの人種も含む5コメント以上あれば、そこには行くまい・・・と、ブラックリストに書き留めています(笑)


私たちの泊まる予定のホテルはコメントが真っ二つです。
これは、その人が一体どんなサービスを求めるかによると思います。


たとえば、最新の設備の何もかもがそろうような近未来的なホテルに滞在したいか。
あるいは、現代には少し不便かもしれないが、クラシックな雰囲気を求めるか。



で、ホテルのコメントを見ると、部屋が古い、ドアの立てつけが悪い、スミに埃がたまっている、部屋が広すぎる(あはは)なんて・・・そういうのは、わたしには逆に魅力です、魅力。
ホスピタリティの精神から言えば埃とかNGだとは思いますが、築100年以上のホテルに泊まって「古臭い」というコメントを残す人の気がしれません。


「あ、これはひどいなぁ」と思うのは、従業員がイケズだ、人種で差別を受けた、というようなものです。
アジア人が多いですが、これは習慣の違いによる誤解も多いのかも。
日本人みたいに曖昧に笑顔を振りまくのは欧米ではブキミに思えるらしいし、明確な意思表示をしないことが美徳である日本人は、外国ではわけわからない人に思えるようです。


オーストラリアで働いていたころ、お孫さんと旅行できたという90歳のおばあちゃんに会いました。英語はまったくわからないけど・・・と笑っていらっしゃいましたが、何かしてもらうたびに柔らかい笑顔で日本語で「ありがとうございます」と言って会釈していらっしゃいました。素敵でした。


ある韓国人の男の子が、あるホテルにネット予約して行ったところ、チェックインでパスポートをコピーさせろと言われたそうです。彼はなぜなのか、そんなことは予約時にはサイトに明記されていなかったとクレームをつけ、ホテル予約サイトに連絡をいれました。ホテルサイト側からホテルへ連絡が行き、結果、彼はパスポートのコピーを提出せずに済んだようですが、めちゃ気分を害したと書いていました。


これは、彼の同国人がこのホテルで以前に器物破損か何かをやらかしたせいだったようです。
彼自身は、何も悪くはないのに、国籍で同類と判断されたみたいです。


最近は小金持ちの中国人が世界各国へ旅行していますが、彼らの態度があまりにも傍若無人なために、相対的に旅行先の国のマナーを「郷に従え」せずに絶対的マナーを押し通すため、アジア人がひとくくりにマナーの悪い人種とみられる傾向もあるみたいです。もちろん、マナーのよい中国人もいますけれどね。

東京都の条例で野外喫煙禁止区域で喫煙して、注意されたら自動販売機の釣銭口に吸殻をもみ消して捨てたおじさんの衝撃的映像を見たことありますが、あれがヤラセでなければ悲しいことです。


日本の高校生たちが修学旅行でソウルで集団万引きしたそうですが、ナゼ、そんなことをするのか理解不能です。同じ国籍として恥ずかしいと思います。



個人個人は旅行先の国のマナーを理解してお行儀よく滞在したとしても、大勢の人たちがひどいことをしでかせば、「マナーが悪い」といステレオタイプが出来上がってしまいます。


この本、↓




デキる人の海外旅マナー

デキる人の海外旅マナー

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ジェイティビィパブリッシング
  • 発売日: 2007/03/15
  • メディア: 単行本





これをね、翻訳して読んでもらったらいいと思います。まじめにそう思います。


ここに書かれていることは私にはかなりの衝撃でしたが、何も知らないのであればどうかこの本を読んでから海外へ行くのが良いと思います。ホテルで壁にかかった絵を持ち帰ってはいけませんみたいなことが書かれていますが、書かれているということはそう言う人も実際いるということなんだなと、すごく驚きました。



いいことたくさん書いてありますよ。人間性のこととか。
「権利とわがままを勘違いしてはいけません」とか。
激しく同意します。


「お金払ってるんだから、何してもいいじゃない?!」という考え方、いやらしいです。
「お客なんだから、何でも言うこときいて当然でしょ!」とかね。ぞっとします。


「グループで固まって騒がない」も激しく同感です。
スーパーの出入り口のど真ん中とかエレベーターの乗り口か降り口前で井戸端会議する人(すごくよくみかけます!)とか、あれ海外でもやっていたら見かけるほうも同じ国籍として恥ずかしいです。


個人的にはいつか書こうと思っていたレディーファーストの起源についても書いてありました(笑)




今回、旅ノートを作るので、日程や行った場所を書き留めるつもりです。
Wifi使用できるデジカメも買っちゃいました☆
いい店も悪いお店もぜーんぶ記録に残しちゃいます。うしし。
もし万が一、私の落ち度ではなく差別されたりイケズされたりしたら、ここに書いちゃいます。
いや、なるべく楽しい、役立つ情報を書きたいです、正直。



フランスはバターがおいしいとたくさんの口コミがあるので、チーズやバターやワインが楽しみです。
おいしいエシレバターを買いたいです。
「パリで最古」もあちこちにたくさんあるので、「最古めぐり」も楽しそうです。
マルシェでチーズを買うのも楽しみ一つです。ノートルダムのシメールたちにも会いに行きます。

フランス国鉄に乗るとか珍しいバラを見に行くとかも予定しています。
スリ対策(狙われたことはないけれど)にバッグを改造中です(笑)
iPhoneも気を付けないといけないですね。スマホひったくり多いらしいです。


ということで、口コミチェック続行です。
今はカフェのメニューもネットで見られるので便利ですね。

本場のモンブランめぐりもかなり楽しみ。
もちろん、変なところにも行っちゃいますよ~。



ちなみに、



FullSizeRender_R.jpg



ルーブル美術館の公式アプリ。
多少容量が重いですが、見てるだけでも楽しいですよ。









A07 地球の歩き方 パリ&近郊の町 2014~2015 (ガイドブック)

A07 地球の歩き方 パリ&近郊の町 2014~2015 (ガイドブック)

  • 作者: 地球の歩き方編集室 編
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2014/05/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



パリの小さなひみつ (一般書)

パリの小さなひみつ (一般書)

  • 作者: ゾエ・ドゥ・ラス・カズ
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 2015/03/11
  • メディア: 大型本



パリ生まれ プップおばさんの料理帖

パリ生まれ プップおばさんの料理帖

  • 作者: オプティ 美保
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2014/11/27
  • メディア: 単行本



歩くパリ2015~2016 (歩くシリーズ)

歩くパリ2015~2016 (歩くシリーズ)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: キョーハンブックス
  • 発売日: 2014/12/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



パリの街をメトロでお散歩 (地球の歩き方BOOKS)

パリの街をメトロでお散歩 (地球の歩き方BOOKS)

  • 作者: 地球の歩き方編集室
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2011/02/05
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



プチ・パリにゃん

プチ・パリにゃん

  • 作者: 酒巻 洋子
  • 出版社/メーカー: 産業編集センター
  • 発売日: 2015/02/13
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



パリのごちそう: 食いしん坊のためのガイドブック

パリのごちそう: 食いしん坊のためのガイドブック

  • 作者: 高崎 順子
  • 出版社/メーカー: 主婦と生活社
  • 発売日: 2014/12/19
  • メディア: 単行本



ことりっぷ 海外版 パリ (海外 | 観光 旅行 ガイドブック)

ことりっぷ 海外版 パリ (海外 | 観光 旅行 ガイドブック)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 昭文社
  • 発売日: 2014/12/18
  • メディア: 単行本



街角の遺物・遺構から見たパリ歴史図鑑

街角の遺物・遺構から見たパリ歴史図鑑

  • 作者: ドミニク レスブロ
  • 出版社/メーカー: 原書房
  • 発売日: 2015/03/28
  • メディア: 単行本



パリの小さなキッチン

パリの小さなキッチン

  • 作者: レイチェル・クー
  • 出版社/メーカー: 翔泳社
  • 発売日: 2014/05/17
  • メディア: 大型本



歩いてまわる小さなパリ{日帰り旅行も!}

歩いてまわる小さなパリ{日帰り旅行も!}

  • 作者: 荻野 雅代
  • 出版社/メーカー: 大和書房
  • 発売日: 2011/07/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



パリ建築散歩

パリ建築散歩

  • 作者: 内野正樹
  • 出版社/メーカー: 大和書房
  • 発売日: 2014/12/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



a.HesiodListening to the Inspiration of the Muse.Edmond Aman-Jean.small.jpg

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。