So-net無料ブログ作成
検索選択

Le Buillon Chartier [Paris 2015]

DSCN0346_R.JPG




メトロ8と9号線のグラン・ブールバール駅のすぐ近く、うっかりすると見過ごしてしまいそうな路地にその店の看板が出ています。





DSCN0345_R.JPG




それにしても、手書きのメニューって、読むのがめんどくなります(笑)
ここのは比較的読みやすそうだけれど。




DSCN0344_R.JPG




今回はランチの開店時間に行ったのですいっと進めますが・・・
夜8時くらいになるとこの細い通路から外の通りにまで行列が数珠つながりだそうです。



Le Buillon Chartier。

「シャルティエ」だけでも通じます(たぶん)。




1896年に労働者階級向けにオープンした、パリで一番古い食堂!



DSCN0343_R.JPG



通路を抜けて中庭に出ると、こんな入り口が。

この入り口だと店内が小さいのかな・・・と思いきや、入り口に似合わずめっちゃ広い店内!



オープン直後でもどんどん入ってくるお客さんたち。
そして白黒の制服のギャルソンたちが輪になって最後のミーティング。



IMG_4968_R.JPG






席なんて選んでいる余裕なし。
勝手に振り分けられます(笑)



ここは高いパリのレストランに辟易した頃に来ると、とっても感動しますよ。


だって・・・パリで一番古く、パリで一番安い食堂なので!






私たちのテーブル担当はちょっとメタボな陽気なおじいちゃんギャルソン。
大ベテランという感じです。



IMG_4971_R.JPG





フランス語のメニューが来た。
でも、なんか、大丈夫かも。


それで、調子に乗ってフランス語で注文してみました。
というか、おじい、英語わからんて言うのですもの。


がんばった、私!(笑)




叔母がパスタ食べたいというのでボロネーゼ、私はカモのコンフィ。
サラダにえびアボカドを一つ。



あ、
これこれ、





img.chartier_R.jpg






ここの店は恐ろしく回転が速いので(なにせ安くておいしいから)、テーブルクロスが紙なのです。だからギャルソンはテーブルクロスに注文を書くのです!




水は頼めば持ってきてくれます。

そしてパンは無料。
いくら食べても(たぶん)無料。


台湾人の英語堪能な3人組のギャルと相席。
3人で写メってたので、「撮ってあげましょうか?」と。
「わ~、ありがとうございます!」てな感じで。
国際交流~。





IMG_4972_R.JPG




えびアボカド食べていたら来ました、カモのコンフィ。

どうしてこのころころしたジャガイモ、素揚げして塩かけただけなのにおいしいのかなぁ?





隣のギャルたちも大きなステーキをもりもり食べています。
開店後20分もすればほとんど満席です。おそるべし。



小学生の団体さん、たぶん、社会科見学か何か?の子供たちが、がやがやと入ってきて2階席いっぱいに座ったようです。



内装が19世紀、まるでタイムスリップしたみたい。
おじいを呼んで「ラディシオン、シルヴプレ~」と言うと、テーブルクロス見て計算を始めました。私はもう合計わかっていたけれど、おじいが計算おわるのをおとなしく待っていました(笑)



私たちが店を出るころには外まで行列。


今度は夜に行ってみたいです。





Chartier

11:30~22:00

7 Rue du Faubourg Montmartre, 75009 Paris, FRANCE




coucou♪(・ω・)ノ!(236)  ご自由に(8)  トラックバック(0) 

coucou♪(・ω・)ノ 236

ご自由に8

hatumi30331

美味しい物食べながら国際交流まで〜
楽しそう〜〜♪

今日は涼しいね。
動きやすくていいです。^^
by hatumi30331 (2015-08-18 08:29) 

mitu

カモのコンフィーとエビアボカド、美味しそうです~
手描きのメニューもステキです!
こんなお店に連れて行ってもらえて、叔母様幸せですね(^_^)
by mitu (2015-08-18 08:54) 

旅爺さん

地図から良くお店が見つかりましたね。
爺もまた外国に行きたくなりました。
by 旅爺さん (2015-08-18 08:59) 

mimimomo

おはようございます^^
いろいろ経験し楽しんでいらっしゃいますね~羨ましい~
フランスではわたくしは絶対できないな(__;
by mimimomo (2015-08-18 09:36) 

noie

Chartier、私も娘に連れていってもらいました。
古くて安くて美味しい人気のレストラン!私達も地元の人と相席で
楽しい時間を過ごしました。
そうそう、テーブルの紙に注文した料理を書いてましたね、
間違えなくていい方法だと感心しました。
今も混んでいるんですね。
by noie (2015-08-18 10:42) 

吉川 由桂

イヴ・モンタンの出てた映画「le garcon]
のお店!?
by 吉川 由桂 (2015-08-19 15:11) 

sig

こんにちは。
グラン・ブールバール。行ったこともないのに懐かしい通りの名です。
リュミエール兄弟による映画発祥の場とされるグランカフェがあった通りなんです。
by sig (2015-08-19 22:04) 

TERU

フランス旅行の写真はどれも現地の雰囲気がそのまま伝わってくるようで
とてもゆったりと拝見させて頂いています(^^)地元の祭も同様です☆
テーブルクロスにオーダーを書くなんてカッコいいですね。
私が知るフランス料理店は黒い服の男性が常に斜め後ろに立っていて
落ち着かない感じでしたが、こういうお店は是非行ってみたいと思います(^^)
きっとベテランギャルソンはnikiさんたちを見てしっかりとサービスしてくれたと
思います☆

by TERU (2015-08-21 00:30) 

ご自由にを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
a.HesiodListening to the Inspiration of the Muse.Edmond Aman-Jean.small.jpg

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。