So-net無料ブログ作成
検索選択

コトシマニャコと空の星々 [Mythologyのみそ]

tokomaya2_R.jpg






ネイティヴ・アメリカンの、コチティ・プエブロ族の神話。




人類の創世の母であるイアティクは、大洪水の後にもう故郷に戻っても大丈夫だと彼女の人々に告げました。



そして人々は南へ下ることにしました。




このときにイアティクは、ある少女にひとつの袋を渡しました。
彼女の名前はコトシマニャコ。「青い羽根」という名前の少女です。




イアティクはコトシマニャコに言い聞かせました。
運んでいる最中には、決して袋の中身を見てはいけないよ。




しかし・・・好奇心に負けた少女は、言いつけを破って袋を開けてしまうのです。




コトシマニャコが袋の口を開けると、中からはじけるように星々が飛び出てきたのです!




それらは口からあふれ出し、あちこちにこぼれて飛び回り、跳ね返ってはまた飛び回り、ついにはすべてが夜の空に落ち着いたのです。





tokomanya1.jpg






コトシマニャコは慌てて袋の口を締めました。
でも中に残ったのは大きな星がいくつか。




コトシマニャコは故郷に帰ったのち、イアティクに正直に告白して謝りました。
イアティクは残りの大きな星々を慎重に空似並べるように少女に命じました。




そしてコトシマニャコは大きな星々を、慎重に空におきました。




これが星々の瞬く、きらめく夜空の始まりなのですって。




coucou♪(・ω・)ノ!(198)  ご自由に(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

coucou♪(・ω・)ノ 198

ご自由に4

よいこ

不思議な民話です
なぜ持たせたのかのオチがない話なんですね

by よいこ (2015-08-11 10:14) 

niki

よいこ様   ふふふ。 好奇心いっぱいの女の子に「開けてはだめよ」と袋を持たせる、これはすなわち、「開けちゃってね!!」ですね(o^-^o)
by niki (2015-08-11 10:35) 

太陽の玉子

毎回内容の濃い記事を楽しませていただいてます。
そして拙ブログへの毎回のお越しには心から感謝しています。
by 太陽の玉子 (2015-08-12 12:41) 

hanamura

琴縞猫と覚えます。
「~してはならぬ。」昔話は悩ましいです。
by hanamura (2015-08-13 09:08) 

ご自由にを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
a.HesiodListening to the Inspiration of the Muse.Edmond Aman-Jean.small.jpg

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。