So-net無料ブログ作成

J.W.アレクサンダー [Paintings]

a.jwalexander.jisabellaandthePotofBasil1897.jpg


ジョン・ホワイト・アレクサンダーは、1896年にペンシルベニアで生まれたアメリカの画家です。
この上の絵は『イザベラとバジルの鉢』。
私がとても惹かれた絵です。

流れるような着衣のドレープの縦のラインが、圧倒的な存在感を放っていると思いました。
どこからかぼんやりと照らされる緑色の光が、かれの柔らかな描線をぼんやりを発光させて
いるかのようで、なんとも神秘的です。

a.jwalexander.junemissdrothyroosevelt.jpg


幼くして孤児となった彼は、祖父母に育てられ、12歳で電子通信の仕事を得ます。
この時の経験が、装飾画に生かされているといわれます。

若い時に貧乏旅行でヨーロッパを巡ります。
そして絵の才能とセンスを伸ばしたようです。

NYに帰った時に、彼は画家として成功をおさめました。

a.jwalexander.aladyinapinkdress.jpg


アメリカの象徴主義の画家として、イラストレーターとして、装飾画家として。
彼の絵の特徴は、ぼんやりとした描線でしょう。

a.jwa.jpg


鮮やかな色彩ではなく、いくぶんくすんだ色彩の柄が多いようですが、ドレスのドレープの流れには
思わず見入ってしまう優雅さがあります。

肖像画ははっきりした線で描かれているようですが。
くすんだパステルの色調は、なんか惹かれます。

a.jwalexander.repouse.jpg







coucou♪(・ω・)ノ!(270)  ご自由に(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

coucou♪(・ω・)ノ 270

ご自由に10

うぱ目

勢いのある流線は劇的ですね☆
サージェントやボルディーニを見ているようです♪
肖像画家の作品は絵の具が乾かない濡れな状態にかなりのスピードで筆を走らせているのでしょうか、、何というか、ウエットで艶かしい^^;
そこが魅力。。。
by うぱ目 (2012-11-13 01:03) 

つむじかぜ

知らない作家でしたが、スピリチュアルな作品ですね。
陰影と曲線の描き方が凄い!
ご紹介いただき、ありがとうございます^^
by つむじかぜ (2012-11-13 01:47) 

Sizuku

素敵な雰囲気の絵に目が釘付けになりました。
ドレスのラインが繊細で美しいですね。
いつかどこかで実際に見ることが出来たらどんなに素敵だろう…と思います^^
by Sizuku (2012-11-13 06:58) 

cafelamama

最後の絵、いいなぁ。
by cafelamama (2012-11-13 07:20) 

yes!genesis

来訪ありがとうございました。
赤とんぼの絵に飛べない件、ご指摘ありがとうございます。修正いたしました。
こ、こちらの絵と違い過ぎます・・・
by yes!genesis (2012-11-13 11:44) 

たいちさん

この画家は知りませんでしたが、婦人を美しく描写しますね。
by たいちさん (2012-11-13 14:24) 

yuki999

良い感じですね。
by yuki999 (2012-11-13 15:46) 

風太郎

2枚目の女性と犬、静かなひと時を感じます。
by 風太郎 (2012-11-13 17:33) 

ゆう

お勉強になりました。
by ゆう (2012-11-13 19:15) 

水無月

美しいですね!
by 水無月 (2012-11-13 20:16) 

ご自由にを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
a.HesiodListening to the Inspiration of the Muse.Edmond Aman-Jean.small.jpg

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。