So-net無料ブログ作成

世紀末の悪の華 [l'histoires de femmes]

私がまだ小学3年生だったころ、同級生に純子ちゃんという子がいました。
記憶があいまいですが、彼女はある日の放課後に、涙ながらに自分の出生の秘密をかたりだしました。

「私、あの家の本当の子供じゃないの。だって、お母さんがそう言ったんだもの。私の本当の
お母さんは女優で、私を捨てて今のお母さんに預けたんだって・・・」

大きな目からぼろぼろと涙を流す、まさに名演技。
家に帰って私は母に言いました。

「おかーさん、純子ちゃんはあのうちの子供じゃないんだって~泣いてたよ。かわいそうだね~」
母は眉をひそめて冷たく言い放ちました。
「なにばかなこといってるの? あんなにお母さんそっくりで、そんなわけないじゃん」

今思うと、かなり面白い話ですが・・・小学3年生の私はまんまとだまされたのでした。
今回はこの純子ちゃんが「世紀末の悪の華」ではなくて、もっともっと、比べ物にならなくらいオオモノの
お話ですwwwww

「彼女を愛したら最後、身の破滅だ」と、デュマに言わしめた悪女。
美しさゆえに棘をもち、激しくも短い一生を送った、虚飾にまみれた悪女の中の悪女のお話です。

a.Lola Montes1.jpg

1818年、とある帽子屋のお針子娘が、15歳の若さで女の子を産みました。
アイルランドのソムリックの金持の庶子であった彼女は、英国領東インド陸軍大尉と恋に落ちて、未婚のまま
子供を産んだのでした。でも彼女は美しかったのでしょう。のちにこの軍人は彼女と正式に結婚しました。

お針子の産んだ娘の名前はイライザ。
大尉は若い妻と幼い娘を連れて任地のインドへ戻ります。しかしすぐにコレラにかかり死んでしまいます。
若い母は夫の死後間もなく、その友人とスピード再婚します。

幼いイライザは若い母親に厄介払いされ、継父の親戚のいるスコットランドで厳格な教育を受けます。
その後、行儀見習いのためにイギリスやパリにも留学させられます。

a.Lola Montes2.jpg

アイルランド人気質と奔放な母親のDNAと生来の激しい気性のために、いくら従順な教育を受けても、
イライザはおとなしく母親の思惑通りになることはありませんでした。
母は自分の利益のために、60歳のインドの最高裁判官と、美しく成長した自分の18歳の娘を結婚させようと
考えました。でも彼女は母が旅路を従えて来た、若いイケメンの英国大尉と駆け落ちしてしまうのです。

トーマス・ジェームズというこのイケメンと、彼女は彼の赴任地のインドへ逃避行して結婚します。
でも穏やかな生活にはおよそ満足せず、夫がいながら男たちを侍らす華やかな生活にはまっていき、
夫と不仲になり5年後、離婚しないまま事実上別れました。

母親は彼女に愛想を尽かし絶縁宣言。
でも心優しい(甘い、ともいいます)継父は、彼女にいくばくかのお金をそっと渡しました。
船でヨーロッパへ戻るとき、彼女はあるアメリカ人に女優になることをすすめられ、その方面を志すことに
しました。そして彼女は謎めいた雰囲気を出すために、スペイン系の血が混じったダンサー、ローラ・モンテス
となることを決心したのです。

幼いころからインドに縁のあった彼女。父も継父も夫もインド赴任です。
インドの伝統舞踊を参考にして、センシュアルなダンスを考案し、ロンドンで舞台に立ちます。
はじめは大ブーイング。うわさを聞きつけた今や高級副官夫人となった母は、娘は死んだことにして、
喪に服しました。

a.Lola Montes4.jpg

女優は無理だったので、悩ましいダンスと身売りをしながらヨーロッパをさまよいます。
自分はスペインの貴族の血筋だがジプシーにさらわれたとか、バイロン卿とアイルランドの洗濯女との間の
私生児だとか、彼女はたくさんのウソをついて回りました。

ポーランドでは醜男で老齢の副王に愛人になれと言われ、断ると執拗な嫌がらせを受けました。
ドレスデンに逃げ、そこでヨーロッパ中の女性のあこがれの的・フランツ・リストと出会い、恋に落ちます。
でも、彼よりも彼女が注目されるようになると、リストは彼女を捨てました。

演技力はないのに、華やかさは誰もが認める二流の女優。
あまりの演技の下手さに観客からブーイングが来ると、カッとなってガーターを外して客に投げつけることも。

文芸評論家のデュジャリエと出会い、また恋に落ちます。
たぶん、この人が彼女が偽りなく愛した、唯一の人かもしれません。
仲睦まじかったけれど、彼はある決闘を受け、なくなってしまうのです。

このデュジャリエが彼女をジョルジュ・サンドのサロンに紹介しました。
デュジャリエ亡き後、彼女は多くの有名人や貴族、芸術家たちと浮名を流し、金品を受け取ります。

a.lolamontes.ludwigI.jpgルートヴィヒ1世。

しかしなんといっても一番のパトロンはバイエルン王ルートヴィヒ1世でした。
王が女好きであることを知った彼女は、絶大なる支援を得るために王に謁見に行きます。
待たされすぎてイラついてきたために衛兵の静止を振り切って王の間に乱入、その時に彼女の服は
衛兵に引っ張られて裂け、彼女の白い肌が王の目の前であらわになりました。
彼女は王の驚いた顔を見ると、自ら、裂けた服をさらにびりびりに裂きました。

王はたちまちローラのとりこになり、彼女の欲するものは何でも与えました。宮殿や、白テンの毛皮を敷き
詰めた馬車も。そしてランズフェルト伯爵夫人という称号までも与えて、貴族に叙したのです!
自由に王宮に出入りし、政治にも口出ししました。

a.Lola Montes3.JPG

国庫のほとんどを彼女が湯水のように使い果たしたとして、民衆は怒りまくり、暴動を起こしました。
これにより彼女は国外追放、王は退位させられました。

ロンドンに戻り20歳も年下のお金持ちの息子を虜にして結婚の約束をさせますが、反対する彼の家に
よって、最初の夫と正式に離婚していないことが判明し、重婚罪で訴えられました。
それでも2人子のどもを作るほど一緒にいますが、彼の財産が尽きてくると、彼女は去っていきます。

「生きること自体が波乱なのよ。あたしは、華やかな世界でしか生きられないの」と彼女は言いました。
新天地を目指し、彼女はヨーロッパを後にします。

アメリカ、オーストラリアをまわり、転落の人生が始まります。
ダンスが卑猥すぎると書いた記者は、乗馬用のむちを振りかざし激高した彼女に追いまわされます。
フィジーでは、お金を無心してくる愛人が船上から転落死しますが・・・・事故か、他殺かは謎でした。

そして再びアメリカにわたり、何度か結婚や恋愛しながら自叙伝を書き、公演をして回りました。
でも30代半ばになると、彼女は病魔に侵され始めていました。
梅毒もあったと言われますが、脳こうそくになってからは、左半身がマヒしました。

ルートヴィヒ王からもらった宝石目当ての女性が世話をしてくれます。
同じく、王の宝石目当てに、母が彼女を見舞いに来ます。でもすでに宝石が人手に渡って彼女の
手元にないことを知ると、世話をする人に10ドルだけおいて娘を頼むと、去っていきます。

a.Lola Montes5.jpeg

世話人はもはや世話をする価値のなくなった彼女を、安宿に住まわせ、貧しい老婆に世話をさせました。
毎日、聖書を読んで人生を悔やむ日々。
貧しく不潔な安宿で彼女が41歳の波乱万丈の生涯を閉じた時、それをみとったのはたった一人の
司祭だけでした。



歴史は女で作られる [DVD]

歴史は女で作られる [DVD]

  • 出版社/メーカー: アイ・ヴィ・シー
  • メディア: DVD



coucou♪(・ω・)ノ!(283)  ご自由に(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

coucou♪(・ω・)ノ 283

ご自由に12

arles

すごい人生ですね。
by arles (2012-01-19 02:33) 

旅爺さん

男性遍歴を楽しんで自由気ままに生きた人・・・そんな感じですが
1番嫌なタイプかな? 爺は誰の子だろう? 笑
by 旅爺さん (2012-01-19 06:20) 

niki

alres様>>>>ホント、すごいですよね。まねできません(笑) いくつか映画化もされているようですが、納得ですね。

旅爺さん様>>>>泳ぎ続けてないと死んでしまうような・・・まぐろのような人生??でしょうか(笑) 私も、彼女とはお友達にはなれそうもありませんが。ちなみに純子ちゃんは、私以外にその話を同情した様子で聴いていたほかの数人の女の子たちは、嘘だと知っていてケロッと忘れたみたいです。しかも本人も覚えていないという・・・私だけが彼女の涙に騙されたのでした。こわいこわい(笑)
by niki (2012-01-19 08:32) 

大林 森

強烈!\(◎o◎)/!!けど因果応報とはまさにこのことですね。(;´Д`)私のまわりにもすごい人沢山いましたけど後々話を聞くとそのあとご苦労されていたりします。うぬぬー。
by 大林 森 (2012-01-19 11:09) 

タミリン

凄い人生ですね~
現代より、凄い・・・
by タミリン (2012-01-19 13:11) 

よしあき・ギャラリー

強い目の女性ですね。
by よしあき・ギャラリー (2012-01-19 13:52) 

nana_hyr

純子ちゃんw(お叱りの罰代わりだったのかしらw)

生きること自体が波乱なのよ、これはなかなか深い言葉ですね。
彼女の場合波乱すぎて、
・・・映画化に際しては3時間でも足りないのでは・・・^^;
でも実現されたら見たくなっちゃうな~w

by nana_hyr (2012-01-19 14:06) 

伊閣蝶

ローラ・モンテス、名前だけは聞いたことがありますが、何とも絶句するような人生ですね。
彼女が愛したのは、結局自分自身だけだった…。
そんな気がします。
by 伊閣蝶 (2012-01-19 14:56) 

たいちさん

ここまで徹底した生き方は、見事とも云えますね。
by たいちさん (2012-01-19 18:44) 

駅員3

キリ番の記事にコメント頂きありがとうございました[わーい(嬉しい顔)][手(パー)]
これからも宜しくお願いします[ぴかぴか(新しい)]
by 駅員3 (2012-01-19 23:21) 

末尾ルコ(アルベール)

いや~・・、緊急メンテって・・・(・。・;

                        RUKO
by 末尾ルコ(アルベール) (2012-01-20 06:14) 

お針子姫

エキゾチックでセクシーなダンス?
気になります♪♪
・・・ちがうところに注目しちゃったっ。
ダンスが見てみたいのです!
by お針子姫 (2012-01-20 16:59) 

ご自由にを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
a.HesiodListening to the Inspiration of the Muse.Edmond Aman-Jean.small.jpg

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。