So-net無料ブログ作成
検索選択

失恋して真実の愛を得たアリアドネ [Mythologyのみそ]

waterhouse.Ariadne.jpg


アリアドネはクレタのミノス王の娘です。
クレタにはミノタウルスという、半身半獣の怪物が迷宮の中で飼われていいました。
ミノタウルスのいけにえに、毎年7人の少年と7人の少女が、アテナイから捧げられます。

アテナイの王子テセウスは、この怪物を仕留めようと、自ら進んでいけにえの一人として
クレタにやってきました。

ariadne.jpg

アリアドネはテセウスに一目ぼれしてしまいます。
そしてミノタウルスを仕留めるために特別な剣と、迷宮を抜け出すための金の糸毬を与えます。
テセウスは見事、ミノタウルスを仕留めて生還しました。

アリアドネはすべてを捨ててテセウスについていきます。
でも・・・・

船がナクソスの島に立ち寄ったとき、アリアドネがうとうとと眠りに落ちている間、
テセウスは彼女を置き去りに、船を出してしまったのです。

あわれ、父をだまし、弟をテセウスのために殺し
すべてを失ったアリアドネは、
愛するテセウスにあっさりと捨てられてしまったのです。

目覚めたとき、テセウスの船が沖に向かう姿を目にして
彼女は絶望と悲しみに打ちひしがれました。

彼は、彼女を愛さなかった・・・・。
彼女の献身的な愛は、彼には届かなかったのです。

これを見ていた美の女神アフロディーテは、彼女を慰めて言いました。

そんなに悲しまないで。

今度はお前に、あの男とは比べ物にならない、

神の恋人を与えよう



それでも、アリアドネは寄る辺のない儚いわが身を嘆かずにはいられませんでした。
でも、女神の言葉は現実になるのです。

ariadoneBacchus.jpg

ゼウスと人間のハーフで、ニンフ(妖精)たちに育てられた葡萄酒の神、デュオニュソス。
ナクソスの島は、彼のお気に入りの島だったのです。

ariadoneandbucusTURCHIAlessandro.jpg

海岸で悲しみに沈む美しいアリアドネに、デュオニュソスはたちまちに心奪われました。
そして数々の優しい慰めの言葉をかけて、彼女の心を溶かしていったのです。

ariadonebacchus (2).jpg

こうしてアリアドネは、デュオオニュソスの妻になりました。
彼女は幸せに暮らし・・・(人間ですから、神より寿命が短いのです)亡くなったとき、
デュオニュソスは彼女に贈った黄金の王冠を、夜空に投げました、
これは彼女を忘れないためです。

ariadonebacchus (3).jpg

投げ上げられた王冠は、星座となっていまでもヘラクレスの近く辺りに瞬き続けています。


coucou♪(・ω・)ノ!(273)  ご自由に(17)  トラックバック(1) 
共通テーマ:学問

coucou♪(・ω・)ノ 273

ご自由に17

末尾ルコ(アルベール)

最も好きな神話の一つです!

                      RUKO
by 末尾ルコ(アルベール) (2011-09-06 00:38) 

旅爺さん

3・4・5枚目の絵はどこかの国で見たように思います。
神話はどうして裸の絵が多いんでしょうね?
by 旅爺さん (2011-09-06 10:46) 

sig

こんにちは。
ずいぶん大作の物語が、nikiさんの手にかかるととても分かりやすく、
まるで小話のようです。
by sig (2011-09-06 11:51) 

rappi

昔この話を読んだ時、バッカスのもとにアリアドネを置いていってしまう
テセウスってしょうがないやつだな~と思っていました。
by rappi (2011-09-06 12:17) 

伊閣蝶

このテセウスにはなぜバチがあたらないのだろうと、この物語を読んだ高校生の頃は思いましたが、あとになって、結局、王位から追われたうえ、身を寄せたリュコメーデスの裏切りによって崖から突き落とされてしまうと知り、因果応報はどこの国にでもあるのだなと納得したことを思い出します。
アリアドネというと、R.シュトラウスの「ナクソス島のアリアドネ」をつい思い出してしまいますね。
by 伊閣蝶 (2011-09-06 14:37) 

ciel-bleu-fonce

海堂尊の「アリアドネの弾丸」が読みたくなりました。「アリアドネ」という名前はまだ一般的によく知られていないのでしょうか?nikiさんのコラムを読むと誰もが知っているように思えましたが友達に話してみると知らない人がほとんどでした(^-^ゞ
by ciel-bleu-fonce (2011-09-06 15:49) 

たいちさん

いつも訪れいただき、nice有難うございます。
特に、古典文学・絵画・歴史について、楽しみに読ませていただいています。
by たいちさん (2011-09-06 16:51) 

nachic

ウォーターハウス、いいですね、、。
by nachic (2011-09-06 18:25) 

月夜空

こんばんわ^^

愛するより愛されるほうが幸せになれるのでしょうかぁ^^
by 月夜空 (2011-09-06 19:01) 

citron

絵だけ見ていると何を表現しているのかわからない時も
ありますがこうして通訳して下さると楽しくおもしろくなって
きますね。
by citron (2011-09-06 19:38) 

ナツパパ

えええ...っと、テセウスさん、すごいですね。
貢がせてもアッサリ、ですか。
わたしにはとても出来ない...というか、貢いでアッサリやられる方なので(笑)
by ナツパパ (2011-09-06 21:14) 

sirene

デュオニュソス葡萄酒の神なのに・・よい性格の人(じゃなかった神ですね)でよかったですね。
by sirene (2011-09-06 21:31) 

がり

神さまが恋人ってすごいですね。
恐れおおいわ~。^^
by がり (2011-09-06 21:40) 

ゆう

『真実の愛』
難しいテーマですね。。。 (・_・)......
by ゆう (2011-09-06 22:06) 

shinobirika

『アリアドネの弾丸』(海堂尊)を読むまで、アリアドネを知りませんでした(汗)。
by shinobirika (2011-09-06 23:59) 

PATA

ワイルドなだけかと思ったら、こんな優しい面もあったのですね。

by PATA (2012-08-13 23:31) 

Inatimy

殺されちゃった弟さんが、一番かわいそうな気がする・・・。
by Inatimy (2012-08-14 21:29) 

ご自由にを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
a.HesiodListening to the Inspiration of the Muse.Edmond Aman-Jean.small.jpg

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。